住職挨拶 2018年
「光陰矢の如し」という言葉がありますが、本当に時の経つのは早いものですね。ついこの前に年が改まったと思ったら、もう2月になりました。1月は元旦会から始まって何かと多忙でしたが、振り返ってみると、特別研修会の案内文印刷や宅配の依頼等で走り回ったりと、法務に加えていろいろと振り回されていたように思います。今月末には検査入院が控えていますし、今月も何やかやと忙しい月になりそうです。
「平成生まれの子どもが入学してくる」と高校教員時代に話題になりましたが、その子ども達も今では父親・母親になっているものも大勢います。《30年》という時間は考えればそれほど長いものなのですが、その平成も1月から12月まで全部揃っているのは今年だけです。今までは天皇の崩御と元号の改定が一緒でしたが、平成天皇は「退位」という形を取られることになりました。私も昭和48年に継職してから現在まで40年も勤めてきましたので、天皇として勤められた時間の長さと苦労がよく分かります。平成天皇もお疲れでしょうが、今しばらく《象徴》として元気なお姿を見させてください。
淨宗寺(浄宗寺) 〒680-0821 鳥取県鳥取市瓦町110 TEL:0857-22-5744 FAX:0857-22-5745